Sponsored Contents

disneyの最新記事

Image credit:

スター・ウォーズ エピソードIXが延期、2019年12月へ。監督はJ・J・エイブラムスが再登板

あと3本撮ればルーカスを抜けるよ!

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年9月13日, 午後06:00 in Disney
193 シェア
82
57
0
54

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

View


コリン・トレボロウ監督の降板で先行きが危ぶまれていた映画『スター・ウォーズ:エピソードIX』が、公開延期を明らかにしました。

もともと2019年5月24日予定だった公開日は、半年ほど伸びて12月20日へ。

一方で降板したトレボロウ監督の代わりは、候補として名前が挙がっていたJ.J.エイブラムス監督が務めることも発表されています。



タイトル未定のエピソードIXは、2015年のエピソードVII『フォースの覚醒』、今年2017年末のエピソードVIII『最後のジェダイ』から続く、続三部作の最終章。

フォースの覚醒から始まった物語がどんな結末を迎えるか、またスター・ウォーズの正伝9本の締めくくりでもある重要な作品です。


もともとエピソードIXの監督と脚本には、長編二本目にしてジュラシック・ワールドをヒットさせたコリン・トレボロウ監督が大抜擢されていました。

しかしルーカスフィルムは9月5日、作品についてのビジョンがトレボロウ監督とルーカスフィルムで異なることが分かったため、お互いに道を分かつことで同意したとの表現で監督の降板を発表。

スター・ウォーズ Ep. IXのトレボロウ監督が降板、脚本はリライト中。後任はどうなる?

降板発表の前には、ディズニーが別の脚本家を雇いトレボロウ監督の案を大幅にリライトしたとの報道もありました。

要するに若手を抜擢はしたものの、物語や製作方針を任せることはせず、従わなかったのでクビをすげ替えますという、ある意味、実に清々しい判断です。



それはそれとして、後任に決まったJ.J.エイブラムス監督は三部作の一本目、『フォースの覚醒』を大ヒットさせた功労者。必殺リブート請負職人として、雇い主のディズニーと円満に作品を完成させた実績もあります。

エイブラムス監督が『フォースの覚醒』に参加した時点で、ディズニー側はスター・ウォーズの創造主ジョージ・ルーカスのストーリー案を却下し、新しいスター・ウォーズの基本的な姿勢を独自に決定していたことはよく知られています(ルーカス本人の弁)。

しかし基本方針が既定であったとしても、エイブラムス監督がスター・ウォーズのベテラン ローレンス・カスダンとともに『フォースの覚醒』のキャラクターや物語に、三部作の始まりに大きな影響力をもっていたのは確かです。

『フォースの覚醒』への評価がどうあれ、発端を手がけた監督脚本が締めくくるのは無難な選択です。



余談ながら、スター・ウォーズの本編を2本以上監督するのは、ジョージ・ルーカス本人を除けばJ.J.エイブラムスが初めて。ルーカスはすべての始まりエピソードIV 新たなる希望と、新三部作すべて(エピソードI,II,III)の計4本を監督しています。J.J.がエピソードIXのあとさらに二本撮ればルーカスとタイ、三部作でも撮ればなんとスター・ウォーズ最多監督記録です。本人がやりたがるかは分かりませんが。

正体判明!『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でネット人気暴発の無名キャラ、TR-8Rって誰だよ?


Source: Star Wars
関連キーワード: disney, J.j.Abrams, star wars
193 シェア
82
57
0
54

Sponsored Contents