Sponsored Contents

adobeの最新記事

Image credit:
Save

Adobeの新ドロー&ペイントアプリ「Fresco」を試してみた

iPad Proでイラストを描くなら有力な選択肢となりそう

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年8月12日, 午後10:01 in Adobe
99シェア
24
75
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Adobeが2019年後半に提供を予定している新しいドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco(フレスコ)」(以下、Fresco)。今年6月に名称が定まるまでは「Project Gemini」の名で開発が進んでいたため、こちらの名前で記憶していた人も多いかもしれません。

そんなFrescoですが、正式リリースに先立ち試用する機会が得られたので、そのレビューをお届けします。今回はiPad ProにインストールしたiOS版Frescoを体験したので、従来のアプリと比べて何が違うのか、どんなことができるようになるのか、そのあたりを中心に改めてご紹介しましょう。

Gallery: Adobe Frescoを試してみた | 15 Photos

15

もともと「ラスター」と「ベクター」は別々のアプリだった

そもそも、Adobeは2014年から「Adobe Photoshop Sketch」(以下、Sketch)と「Adobe Illustrator Draw」(以下、Draw)という2つのモバイルデバイス向けのアプリを提供していました。前者はラスターデータ、後者はベクターデータで制作を行えるという違いがあります。

ラスターデータがピクセルの集合であるのに対し、ベクターデータは点の座標とそれを結ぶ線・面の情報で構成されています。例えば、地図の絵をラスターデータで描くと小道を拡大したときにその線はガタガタになってしまいますが、ベクターデータなら滑らかなままで拡大可能。一方で、リアルな鉛筆の筆跡のような、繊細な書き味を表現するには、ラスターデータの方が適しています。用途や画風に応じた使い分けが重要になるわけです。

ITコンシェルジュ
▲「Adobe Photoshop Sketch」(左)と「Adobe Illustrator Draw」(右)。データの形式や使えるブラシが異なっています

これまでもiPadでAdobeの描画アプリを使ってきたという人は多いでしょうけれど、作風や用途によってSketch派とDraw派に分かれていたはずです。(ちなみに筆者はSketch派でした)。

Frescoでは両方のブラシが使える

Frescoは、プロのイラストレーターのニーズも満たすように開発されたドロー&ペイントアプリです。もちろん一般ユーザーも使用可能で、従来のAdobeアプリを使っている人ならば、さほど違和感なく活用できるでしょう。

ITコンシェルジュ

Frescoでは、先ほど説明したラスターデータとベクターデータの両方が1つのアプリ内で使えるようになっています。Sketch派の人も、Draw派の人も、Frescoなら快適に描けるでしょう。ちなみにPNG、JPG、PSD、PDF形式での出力に対応します。

ITコンシェルジュ

ブラシのバリエーションが多いこともFrescoの魅力です。実際にアプリ内で選択できるブラシは「ピクセルブラシ」「ライブブラシ」「ベクターブラシ」の3種類。ピクセルブラシとライブブラシはラスター形式で、ベクターブラシはベクター形式に相当。ライブブラシでは、油彩や水彩の質感が再現され、重ね塗りをした時には顔料の厚みや混ざり具合、にじみ具合などがリアルに再現されます。Adobeによれば、裏では「Adobe Sensei」のAIとマシンラーニングが働いているとのことです。

また、FrescoはCreatice Cloudと連携可能なアプリなので、デスクトップのPhotoshopとのラウンドトリップ(途中まで制作した作品を別のデバイスやアプリに変えて続けること)ができることも特徴。Photoshopで使っている「ブラシ」をFrescoで流用できるほか、Adobe Captureアプリを使ってカメラで読み込んだ映像などから新しいブラシを作成し、Frescoで使うことも可能です。なお、Creative Cloudのメンバーならば、Adobeのエバンジェリストでもある"ブラシ職人"ことKarl T. Webster氏が作成した1000種類を超えるブラシセットの利用もできます。

実際に使ってみて感じたこと

さて、筆者が実際にFrescoを使ってみた印象では、手描きイラストを制作するツールとして、高い完成度に仕上がっていると感じました。特にライブブラシの色味が混ざるエフェクトはかなりリアル。デジタルだからアンドゥ操作もし放題。うまく使いこなせば表現の幅がかなり広がると思います。

一方で、「ベジェ曲線」での描画には対応していないため、機械的な線でアイコンやイラストを整えたい人にとっては、デスクトップ版のIllustratorとの使い分けが必要になるかもしれません。

以下、今回描いた絵の制作手順を一部抜粋して掲載します。

ITコンシェルジュ▲写真のアイコンからカメラを起動

ITコンシェルジュ描く対象を撮影して取り込む

ITコンシェルジュ
▲レイヤープロパティで「不透明度」を下げて、取り込んだ写真を薄くする

ITコンシェルジュ
▲新しいレイヤーを重ね、ピクセルブラシの一つを選んで輪郭を下書き

ITコンシェルジュ▲別のレイヤーにベクターブラシで輪郭を清書

ITコンシェルジュ▲ベクターで書いたイラストを塗りつぶしたり、ピクセルブラシで背景にアクセントを入れたり......

ITコンシェルジュ▲失敗した場合は、2本指で画面タップでアンドゥ(取り消し)操作。3本指ならリドゥ(やり直し)になります

ITコンシェルジュ▲画面上の白い丸をタッチしている間は、ペン先が消しゴムに変わります。これはかなり便利

ITコンシェルジュ▲ライブブラシの油彩で背景を描き、ピクセルブラシで細部を調整。色はカラーホイールなどで選択できるし、ピッカーで写真から抽出することもできます

ITコンシェルジュ▲最後に新しいレイヤーで文字を記入したものの、絵に重なってしまったなんてときには......

ITコンシェルジュ▲オブジェクトのサイズを調整すればOK

ITコンシェルジュ▲とりあえず完成。油彩を背景に、ベクターブラシで輪郭を描いて塗りつぶし、装飾や細かい部分をピクセルブラシで整えました。この書き方は「Fresco」ならでは

というわけでFrescoの先行レビューをお届けしましたが、冒頭でお伝えしたとおり2019年後半に正式ローンチ予定で、有料版と無料版が提供されるとのこと。まずはiOS 12.4以降を搭載したiPadシリーズ(iPad Pro全モデル、第3世代iPad Air、第5・6世代iPad、第5世代iPad mini)がサポートされます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

99シェア
24
75
0

Sponsored Contents