Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

4K映像を8K相当に。シャープの新8Kテレビは強力アプコン搭載、11月9日発売

決め手は8K画像処理エンジン「Medalist Z1」

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年10月3日, 午後07:00 in av
57シェア
8
49,"likes":37
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


シャープは、BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵した8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」2機種を11月9日に発売します。価格はオープンで、市場想定価格は70インチが50万円前後、60インチが35万円前後(いずれも税別)です。

同シリーズの8Kチューナー内蔵モデルといえば、フラッグシップの「AX1」シリーズ(75万円~200万円前後)が2018年11月に発売されています。

今回の新製品では、そんなAX1シリーズよりも価格を抑えつつ、新たに開発した8K画像処理エンジン「Medalist Z1(メダリストゼット1)」や、「8Kスポーツビュー」映像モードが搭載されている点がセールスポイントです。

8K画像処理エンジン「Medalist Z1」で
4K映像を8K相当にアップコンバート

8Kパネルは、4Kの約830万画素に比べて4倍きめ細かな約3300万画素の映像を表示できます。4Kでも十分に高精細で綺麗ですが、せっかくの8Kテレビであれば、さらに上の画質となる8Kで様々なコンテンツを楽しみたい人も多いはず。

SHARP AQUOS 8K 8T-C70BW1/C60BW1
▲8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を搭載

そこでシャープは、アップコンバート機能を搭載した8K画像処理エンジン「Medalist Z1」を新たに開発。地上デジタル放送や新4K衛星放送のほか、ネットコンテンツやブルーレイディスクなどの様々な映像を、超解像技術で8K情報量へアップコンバートできます。

黒挿入技術で動きのボケを低減

動画は1秒間に何枚もの静止画像を切り替えることで動いてるように見せていますが、今回の新モデルでは、その切り替え速度を高速化。60Hz(1秒間60コマ)インターレースの映像からも、倍速駆動により120Hz相当の滑らかさを実現。被写体の動きを予測して中間映像を補間する技術で、動きの速い被写体でも、滑らかな映像を映し出せます。

SHARP AQUOS 8K 8T-C70BW1/C60BW1▲黒挿入技術の仕組み

さらに、1枚1枚の切り替わりにあわせて、部分的にバックライトを順次消灯し、黒部分を挿入。このとき、消灯の余剰電力を点灯部分に充当することで、映像エリア毎のピーク輝度を高めます。

こうした細かい工夫によってシャープは、従来機種(8T-C60AW1)で課題とされていた画面全体が暗くなる問題を解決できたといいます。

「Android TV」や「COCORO VISION」にも対応

今回の新製品は、Android TVでもあります。OSにAndroid 9 Pieを搭載し、Google アシスタントにも対応。付属のリモコンにはマイクを内蔵しており、たい番組を音声で検索できます。また、AIが視聴傾向を学習しておすすめ番組を知らせてくれるシャープ独自の「COCORO VISION」にも対応します。

SHARP AQUOS 8K 8T-C70BW1/C60BW1
▲AQUOS 8K新製品2機種のスペック



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: シャープ
関連キーワード: android, AndroidTv, AQUOS, av, sharp, Sharp AQUOS, SharpAquos
57シェア
8
49,"likes":37
0

Sponsored Contents