Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2010年10月15日、感圧式の電子メモパッド「Boogie Board」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年10月15日, 午前05:30 in today
31シェア
5
26
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
ちょっとした伝言やアイディアなどを書き残すのに紙のメモ帳は手放せませんが、これに替わるシンプルなメモ用デバイスとして登場したのが、「Boogie Board」。この初代モデルが発売されたのが、2010年の今日です。

Boogie Boardの使い方はとても簡単で、ペンで液晶画面へ直接書くだけ。感圧式となるためペンは専用品である必要はなく、爪先でもボールペンの尻でも、ちょっと固いものであれば何でも大丈夫というゆるさで使いやすくなっています。

画面はボタンを押すとすべて消えるため、何度でも繰り返し利用できるというのが便利ですね。ただし内容は一切保存されないため、あくまで一時的なメモ、アイディア整理などに使うのがいいでしょう。どうしても残しておきたいものであれば、スマホで写真を撮るといったアナログな方法となります。

様々なサイズの製品が登場しており、今でも多くのシリーズが現役で販売されているので、気になる人はチェックしてみて下さい。最新モデルは、下地が透けて見える半透明の「Boogie Board BB-13」。アイディア次第で、面白い使い方ができそうです。

today

ちなみに過去にはより高機能なものもあり、内容をPDFとして保存できるほか、PCとUSBで繋いでペンタブレットのように利用できる「Boogie Board rip」、Bluetoothで接続できる「Boogie Board SYNC9.7」などもありました。

ただ、シンプルな使い心地がウケたニッチな製品なだけに、今ではこういった高性能モデルはラインナップから消えています。

today

10月15日のおもなできごと

2004年、バンダイネットワークスが「リアルサイズ ハロPCケース」を発売
2010年、パナソニックが「Let'snote J9」を発売
2010年、キングジムが「Boogie Board」を発売
2010年、ロジクールがワイヤレストラックボール「M570」を発売
2012年、ソフトバンクが米Sprint買収を正式発表
2018年、マイクロソフト共同創業者ポール・G・アレン氏死去




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Boogie Board, KingJim, today
31シェア
5
26
0

Sponsored Contents