2月15日のできごとは「PN-K321 発売」「poddi 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年02月15日, 午前 05:30 in today
0シェア

2月15日のおもなできごと

2013年、シャープがIGZO採用4Kディスプレイ「PN-K321」を発売
2013年、ロシアのチェリャビンスク州付近へ巨大隕石が落下
2016年、神明精米が小型炊飯器「poddi」を発売
2017年、小学館が「小学8年生」を創刊today

2013年:画質や省電力、明るさなどで定評あるIGZO採用で、4K・32インチのディスプレイが登場「PN-K321」

today
2013年当時の4Kといえば、ハイエンドテレビでいくつか登場しているといった頃。こういった時期にいち早く4K(3840×2160ドット)対応ディスプレイとして登場し、32インチという大きな画面で話題となったのが「PN-K321」です。

液晶パネルは画面が明るく、消費電力も抑えられたIGZOを採用。入力はDisplayPortとHDMI×2で、どちらも60Hz表示が可能でした。ただし、HDMIで60Hz表示をするにはケーブル2本で接続する必要があります(1本だと30Hz表示)。

予想価格で45万円、実売だともう少し安くなって30万円台半ばくらいになっていたようですが、それでもだいぶ高価ですね。とはいえ、4Kの解像度と32インチという大きさは、魅力的でした。

4Kディスプレイは今ではかなり安くなり、28インチ前後のものなら3万円台から、32インチ前後でも5万円から購入できます。長いこと液晶ディスプレイを買い替えていないのであれば、そろそろ4Kディスプレイの導入を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

2016年:専用米の利用なら最短10分!普通のお米ももちろん炊ける小型炊飯器「poddi」

10minutes
少量のご飯を炊き立てで食べたい、という要望に応えてくれるのが、「poddi」。加工されたソフトスチーム米を使うことで、0.5合のご飯を約10分で炊くことができるという炊飯器です(蒸らし時間は除きますが)。

ソフトスチーム米のメリットは、洗米も浸漬もいらない点。つまり、お米と水を入れた直後から炊き始められるという手軽さです。とくに時間がない、もしくは手間をかけたくない一人暮らしの自炊で活躍してくれます。

ちなみにソフトスチーム米は神明精米のショッピングサイトから購入可能で、75g個包装×30個で2680円、75g個包装×30個×2袋のセットで3780円から。普通のお米よりも割高となりますが、手軽に炊き立てご飯を楽しめることを考えれば、納得できる範囲です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: 4k display, 4kDisplay, igzo, poddi, rice, sharp, today
0シェア

Sponsored Contents