Android TV、2020年にStadia対応。Nexus Player以来の新デバイスも?

Android TVもテコ入れ時期のようです

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月17日, 午後 04:30 in av
0シェア
Android TV Stadia
オランダにて開催されていた国際放送会議(IBC)において、GoogleがAndroid TVの今後のロードマップを発表しました。その中には、GoogleのゲームストリーミングサービスStadiaのサポートや、新デバイスの計画も含まれていました。

開発者コミュニティサイトXDA Developersによると、Googleはすでに2021年までの開発計画を立てているようです。

まず、2020年にはAndroid TVがStadiaをサポートします。11月にサービス開始予定のStadiaは、TVでプレイするにはChromecast Ultraを利用する必要がありますが、Android TVならそのままプレイ可能になります。コントローラーは必要になりますが、追加コストなしでStadiaを利用できるのは、Android TV購入の動機付けになるかもしれません。

また、GoogleレンズやAndroid 10に今秋追加予定のライブキャプションに対応した「ヒーローデバイス」を発売予定とのこと。具体的にどういったものかはわかりませんが、Google製のAndroid TVデバイスだとすれば、Nexus Player以来の新端末となりそうです。

アプリ数の目標も示されており、2019年にはAndroid TV向けに5000アプリをリリース。2020年には8000アプリ、2021年以降には1万アプリを目指すとしています。

2014年にデビューしたAndroid TVは、日本でもソニーやシャープが対応製品を発売していますが、Chromecastほどには使われている印象は受けません。Googleとしても、この辺りでテコ入れをしたいところなのかもしれません。


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, AndroidTv, av, gadgetry, google, stadia, streaming, StreamingGames
0シェア