Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

カメラ投げ Camera Toss

Ittousai, @Ittousai_ej
2005年10月24日, 午後01:01
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


なんとなく間違った方向に漂流しつつあるEngadget Japaneseから、今日はFlickrで流行の「カメラ投げ」を紹介。

やり方は「何か光源のある暗い場所で、ストロボをoffにしたデジタルカメラを放り投げて撮影」。だけ。うまく行くと面白い写真が撮れます。セルフタイマーを使ってタイミングを計ったり、マニュアルで露光時間を長くして昼間撮ったり、識別可能なランドマークや看板を入れたりetcといろいろな趣向もあり。

カメラトスは古いカメラか度胸があれば誰でも始められますが、カメラキャッチは慣れが必要です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents