Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

転覆機能つき研究船FLIP

Ittousai, @Ittousai_ej
2005年11月14日, 午後10:27
51シェア
0
51
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


カリフォルニア大学Scripps海洋研究所が保有する全長108メートルの研究船FLIP (Floating Instrument Platform)には、28分間で居住部分だけを残して直立する機能がある。バットでいうとグリップ部分だけを残して沈むような形になり、安定して深い海中の調査ができる......らしい。




研究・居住部分ももちろん90度回転するので、船内設備や家具もたとえばこんな風に設置されている。

read先のFLIP紹介サイトにあるギャラリーを見ると、どこにもつながっていない階段・床にドア・壁にボルト付けされて何も置けない垂直テーブルなど、ほとんどエッシャーの騙し絵を地でゆくようなすごい住環境。宇宙ステーションのほうがある意味楽そう。

[via Pasta and Vinegar]

[本家Engadget]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

51シェア
0
51
0

Sponsored Contents