ゲーム情報サイトWay I Playが報じたところによると、アタリCEO Bruno Bonnellは同社の古典ビデオゲームPONGの映画化を正式に認めた。

プロットの詳細は明らかになっていないが、監督には『モータルコンバット』『バイオハザード (Resident Evil』および制作中の『悪魔城ドラキュラ (Castlevania)』で知られるポール・アンダースン氏が決定している。コメントを求められた同監督によれば「とにかく手に汗握る戦いがある、としか言えないね」。また「プレイしたことがあるなら、この映画でもういちどPONGを発見することになるだろう」とも語っている。

脚本には『ストリートファイター』『トゥームレイダー2』などビデオゲームの映画化で知られるスティーブン・デスーザ氏が選ばれすでに執筆中とのこと。公開は2006年末になる見込み。

[via Joystiq]


ビデオゲーム「PONG」が映画化決定
広告

0 コメント

広告