Ron Patrick氏制作、通常のガソリンエンジンとジェットエンジンを搭載したフォルクスワーゲン・ビートル (撮影の都合上宇宙まで行けるJet-VTOLではありません)。



ジェットエンジンはGE製のヘリコプター用ターボシャフトエンジンT58-8Fをカスタマイズ。1350HP。
スタンフォードで機械工学のPhDを取ったという氏の技術よりもVWビートルを選ぶセンスよりも、排ガス規制にものすごくうるさいくせにこんなものにナンバーを交付しているカリフォルニア州当局に驚愕します。



制作者曰く、写真に写っているのは「実際の火球の約20分の1の大きさ」。



[via TechBlog]