オーストラリアではみんな着けているという噂の「個人用頸部冷却装置」。首が体温調節に重要なことは防寒対策でよく知られていますが、こちらは逆に首を冷やして体全体を涼しくするという触れ込みのウェアラブルクーラーです。


冷やす仕組みは(現実的にそれくらいしかない)気化熱式で、電池で動く静音ファンが内蔵タンクの水を絶えず蒸発させて熱を奪うもの。肌に触れる部分はアルミ製のヒートシンクになっており、さらにファンの風が直接首に微風を送り汗を蒸発させます。

重量は約250g、満タンで400g弱(気温30度のとき全部が蒸発するまでに奪う熱量を求めよ)。単三電池x1で四時間駆動。リンク先では30オーストラリアドル、約2500円くらい。首に変な日焼け跡をつけたい方は空調服のお供にどうぞ。タンク内の液体を換えれば人間爆弾にも使えます。

[via Shiny Shiny]


広告

0 コメント

広告