Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

GigabyteがASUSと合弁会社設立、マザーボード事業を移管

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年8月9日, 午後05:00
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Taipei Timesによると、GigabyteとASUSTekが80億台湾圓を投じてジョイントベンチャーを設立、ギガバイト製マザーボードやグラフィックカードは新会社から発売されるとのこと。持ち株比率はギガバイトが51%、ASUSが49%。

背景としては両社のリソースを統合することにより、PC用マザーボード分野で急伸中のFoxconn (またはHon Hai、鴻海科技集團)に対抗するためと見られています。Foxconnといえば各社の有名ノートPCやiPod、さらにはPLAYSTATION 3の製造も担当する(らしい)「じつは何でもここが作っている」会社。スマートフォンその他も作っているGigabyteですが、マザーボードとグラフィックカードということは日本で見かけるギガバイト製品のほとんどは新会社の担当ということになります。

[本家Engadget]

追記:持ち株比率がおかしかったのを修正。ありがとうございます。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents