Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Google Earthが日本語対応、大幅にパワーアップ

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年9月14日, 午後01:30
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Google Earthがバージョンアップ、インタフェイスだけでなく地名や地図データでも日本語に対応しました。

日本国内でも「飲食店」や「ショッピングとサービス」、道路や施設といったレイヤのデータがしっかり提供されるようになり、特に「ショッピングとサービス」ではコンビニ・スーパー・映画/DVDレンタルから銀行/ATM、「交通」ではガソリンスタンドや駅、さらに道路名も表示でき、地図としての実用性が大幅に向上しています。

また「建物の3D表示」はこれまでマンハッタンなどの観光名所的な場所にしか用意されていませんでしたが、一体どうやっているのか国内のほぼあらゆる建物がポリゴンとして表示できるようになりました(ただし高さについては「それらしい」だけで必ずしも正確に反映しているわけではないようです)。

日本でのGoogle Earthはバーチャル観光や変な地形を発見して遊ぶ地球儀ソフト的な扱いでしたが、今後は地図としてもちゃんと実用できそうです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents