読売新聞の記事によると、筑波大学大学院 山海研究室 / サイバーダイン社の外骨格ロボットスーツHAL-5が実用化、来年にも量産体制に入るとのこと。

着用者の動きを皮膚表面の生体電位差から読み取り電動モーターでアシストするHAL (Hybrid Assistive Limb)米袋を持ち上げたりお姫様だっこをする映像で有名ですが、想定されている用途は歩行補助や介護といった医療向け、あるいは災害救助など。量産化を決定した理由は「問い合わせが400件以上に達したため」。

サイバーダイン社では当面年間20体程度を生産、2008年には年400から500体(!)に生産ラインを拡大する計画としています。価格は一体約500万円から700万円。ただし月7万円+維持費で個人向けレンタルもおこなう予定。

サイバーダイン社のサイトではWEB経由のフォームまたはFAXでの使用希望申し込みを受け付けているようです。手続きの流れは申し込み>詳細打ち合わせ・契約>採寸>設計・製作>試着>使用訓練。ロボットスーツの平和的で生産的な使い方を考えているかたはぜひコンタクトを。量産が進めばなにかきわめて非生産的な用途にも応用が進むかもしれません。


パワードスーツ HAL-5 量産化へ
広告

0 コメント

広告