というわけで、Engadgetに届いたPS3(デバッグ機)の恒例開封リポート&インプレッションをお届けします。写真ギャラリーとビデオは続きを読む...のあと。下はしばらく遊んだ感想と、既出・ソニーに聞いたもの含め小ネタをいくつか。

  • 長時間ゲームを続けた後でも、本体表面はどこも冷たい(室温程度には)。最悪でも「暖かい」くらい。Xbox 360と比較すればかなり静音といっていいレベル。Blu-rayドライブはXbox 360の(悪名高い)DVDドライブと比べればずっと静か。
  • USBキーボードやマウスはそのままプラグ&プレイ。
  • Bluetoothマウスやキーボードは(当初は)使えない。
  • A2DP対応のBluetoothヘッドセットは基本的に使える。ソニーからは正式にサポートする機器のリストがでるはず。追記:使えるけど今のところチャットだけ。ゲームの音声や音楽などは聴けない。アップデート対応を希望。
  • 使えるウェブカメラは(少なくともいまのところ)EyeToyだけ。PS2用も使えるはず。
  • アナログVGA出力の予定はいまのところなし。
  • サポートするコントローラは7台まで。
  • 有線版SIXAXISの予定も(いまのところ)なし。
  • 本体のメディア再生機能をゲーム内で(カスタムサウンドトラックとして)使える。Xbox 360やWiiとおなじ。
  • 否定する噂もあるものの、ソニーは「北米40万台・日本10万台」(最近の情報では8万台)の公式発表をまだ堅持。
  • 一部のゲームタイトルは本体のHDDをキャッシュとして使う。Genjiは4GB分をインストールするとロード時間を12-15秒から3-4秒に減らせる。このキャッシュデータはいつでも消去可能。消してもゲームのセーブデータには影響なし。
  • メッセージング機能で送れるのはいまのところテキストだけ。音声や映像はこれから。






8kgあります。

「開封ハイ」現象。

ゲームはBD-REに焼いたもの(評価機なので署名なしコードが走る)。

上段の小物を除いたところ。

SIXAXISひとつ、電源ケーブル、USBケーブル、HDMI (お金を出して買う人にはついてきません)。LANケーブル、ゲームディスク。

ご対面。






いやまあ、何度も実機はみてるんですけどね。








SIXAXIS

PLAYSTATIONボタン新設。





終わり近くまでは無音(背景音ばかりなので)。
プレイステーション3届いた&少々のコメント
広告

0 コメント

広告