3dconnexionの最新記事

Image credit:

SpaceNavigator:Google Earthでも使える普及価格3Dコントローラ

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年11月29日, 午後03:00 in 3Dconnexion
68 シェア
0
3
64
0
1

注目記事

人気記事


Logitechの子会社でプロ向けの3Dインターフェースを販売する3Dconnexionが、3D入力デバイスの新機種SpaceNavigatorを発表しました。重量のある台座の上のノブ状部分を傾けたり押し込んだりひねったりすることで、3Dアプリをぐりぐりとナビゲートできます。言葉で説明するよりまずはGoogle Earthを使った実演ビデオをどうぞ。


マウスではドラッグしてパン、ツールを切り換えて回転(Z軸)、ホイールでズームとなっているところを滑らかにナビゲートできている点に注目。Google Earth以外にも直感的なモデリングソフトGoogle SletchUpや、各種のCAD系 / CG系3Dアプリケーションに対応します。(3Dconnextion製モーションコントローラの対応アプリケーションリスト。ただしSpaceNavigatorでもすべてサポートされるかは分かりません)。

ここまで読んでプロじゃないけど欲しい!輸入するといくらだ?と思った方に朗報。SpaceNavigatorは3Dconnexion初の一般コンシューマ向け製品として、普及価格の個人・アカデミック向けパーソナルエディションと、業務用に使えるライセンスつきのスタンダードエディション二つのパッケージで提供されるとのこと。価格はPEが$59、SEが$99。

また日本でも一般向けに販売されることになっており、12月8日からはAmazon.co.jpでも購入できる(!)とのこと。国内価格はPEがオープンプライスで予想9980円前後、SEは定価1万9800円。プロのデザイナーやエンジニアにはもちろん、Google Earthや3Dアプリでぐりぐりしていればしあわせという方、いまはフリーの3Dツールだけどいつか天下を獲ってやる野望に燃えている方は要チェックです。Continue reading...でサンプルユニットの写真。







68 シェア
0
3
64
0
1