Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Ergopod 500:電動式寝ながらワークステーション

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年1月22日, 午後07:00
11シェア
0
11
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

(※ 真上から撮った写真ではありません。)

Office Organixが販売しているコンピュータ作業用ワークステーション。デスク部分の高さとモニタスタンドの角度を電動式で変えることができ、座った状態でも仰向けに寝た状態でも作業が可能。ディスプレイの重さは約68kgまで、デスク部分全体の耐荷重は約180kg。

医療上の理由で寝ながら作業する場合はもちろん単にごろごろしたい人、電動ベッドと組みあわせてスーパーハカーの長時間コーディング伝説に挑戦したい方に最適です(ポインティングデバイスに注意)。定価は最上位のErgoQuest 500が$3995。

そのほか怪しいPCデスク環境はそのまま走り出しそうな「PCデッキ」NetSurfer、デスクというよりコックピットに近いNethrone、視界160度の半球ディスプレイ付きデスクVisionStationなど。単なる不精者には究極ひきこもりソファをおすすめします。

[via Neatorama]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

11シェア
0
11
0

Sponsored Contents