Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ニンテンドーDS Lite、国内販売台数1000万台を達成

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年5月7日, 午後09:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


毎日新聞経由エンターブレイン調べによると、ニンテンドーDS Liteの国内累計販売数が1000万台を突破したとのこと。2006年3月2日の発売から約1年2カ月、61週での1000万台越えはプレイステーション2の131週の二倍以上の普及速度となります。

先月末の決算発表によれば、2007年3月までの初代DS / Lite合計販売台数は国内で1600万台、世界合計で4000万台超。決算説明会での質疑応答(いわゆる「それはないんではないでしょうか質疑」)で挙がった「ニンテンドーDSはプラットフォームの寿命としてどのあたりにいるという認識なのか」に対する岩田社長の答えは:
もし任天堂が同じようなことを単純に繰り返して、チャレンジは終わったからあとは楽をして、保守的に流していこうというふうにすれば、DSのプラットフォームの寿命は急速に短くなるでしょうし、逆に新しいチャレンジをしっかりやって、その中のいくつかを実らせることができたら、プラットフォームの寿命は逆に過去のプラットフォームサイクルより伸びるかもしれません。

(DSというシングルアーキテクチャが社会のインフラといえるまで普及したなら) まったく違う価値を生みだすというふうに私は思っています。ですから、できうることならば、プラットフォームの寿命を長くできるように任天堂として様々なチャレンジのある提案をしていきたいと思います。
カネを刷っているようにみえる売り上げも不断の努力と挑戦あってこそ。現在のブームが去ったあとの戦略、DS 2, 3, 4の構想もぜひお伺いしたいものです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents