Sponsored Contents

playstation 3の最新記事

Image credit:

プレイステーション3 システムソフトウェア 1.90:CDアプコン、壁紙、絵文字

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年7月24日, 午後02:00 in Playstation 3
6 シェア
0
0
6
0
0

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



プレイステーション3のシステムソフトウェアがv1.90にバージョンアップ、いつものようにネットワーク経由でアップデータをダウンロードできます。今回の目玉はCDのアプコン出力に対応したこと。ミュージック設定で音楽CDの出力を48KHz と 44.1/88.2/176.4kHzで選択可能になりました。そのほか細かな改良は:

  • XMB(トップメニュー)の背景に写真が貼れるように
  • フォントが選択可能
  • メッセージング機能で顔文字が使用可能
  • 簡体字中国語入力
  • 繁体字中国語入力方式の選択
  • XMB上のゲーム並び替え(作成日昇順・降順、フォーマット順)
  • ブラウザのインライン文字入力
  • ディスクのイジェクトメニュー
  • メモステや外部HDD上のAVCHD再生
  • トリックプレイの強化
  • DVD / BD視聴中の画質設定オプション
といったところ。ですが、アップデート項目のリストにない、PS3の使い勝手を劇的に改善する点がさりげなく加わりました。それは「アップデートのたびにコントローラを有線接続し直す必要がなくなった」。WiiやXbox 360といった機種しか持っていない方には一体なんの話をしているか分からないと思われるため説明しますと、プレイステーション3は小刻みにアップデートを繰り返して機能が漸次増えてゆくのが魅力ではあるものの、アップデートするたびに無線コントローラを有線でつなぎなおしてペアリングをやりなおすという訳の分からない手間がありました。

それが今回のアップデートからは単にダウンロード>アップデート実施で操作可能に!SCEのすばらしい技術力に、選ばれたユーザとしての誇らしさに胸が痛くなります。これはもしや!と思いPS2ゲームを実行してみましたが、こちらは相変わらずゲーム開始で「PSボタンを押してください」>数秒待って接続、ゲーム終了後も「PSボタンを押してください」>微妙に待って操作可能のまま。

数秒待つこと自体はまったくなんでもないのですが、起動してしばらく経ってから不意にPSボタンを押すように指示されること、押してから認識されるまで微妙に間があること、XMBに戻ってからもまたおなじ手続きを繰り返すこと......と極めて些細な違和感があります。せめて入力を受け付けるようになったタイミングで コントローラが震える 音でも出ればよいのですが。とはいえ、アップデートで有線接続が8か月足らずで改善されたということはこちらも近々ストレスフリーになるはず。

CDのアプコンについていえば、当然ながら88.2/176.4kHzを受け付けるオーディオ機器が必要となります。「SACD」が何だか知っていて対応機器も持っている大の大人をターゲットにしたユニバーサルプレーヤとしては順当なうれしいアップデートです。「CellはセキュアレイヤーがあるからDVDもリッピングできる」という構想が語られていたPS3だけに、次はSACDのリッピング・CDのDSD変換取り込み・DVDの「熟成」リッピングあたりに期待です。
関連キーワード: playstation 3, Playstation3, ps3, sce, sony
6 シェア
0
0
6
0
0

Sponsored Contents