Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

アップル、フランスで純正SIMロックフリー iPhoneを販売

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年10月17日, 午後07:00 in Apple
0 シェア
0
0
0
0

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


フランスでの独占キャリアにOrangeを選択、11月29日からiPhoneを販売すると発表したアップルですが、ご当地なりの事情から米国ほど楽な収益源にはできないようです。フランスでは携帯キャリアによる囲い込みを禁じるための規制が存在するため、アップル / オレンジは通常のロック済みiPhoneのほかにSIMロックフリー版を販売せざるを得ないとのこと。

iPhoneは地域ごとにひとつの通信事業者を選び独占させるかわりにユーザからの収益の一部をアップルに支払うという契約になって(いると考えられて)おり、そのため特定の電話会社でしか使えないSIMロックがかけられています。別の電話会社や地域で使うためのSIMアンロック / SIMフリー化ハックや収益源を逃したくないアップルとのいたちごっこはご存じのとおり。

フランスではこうした行為を禁じるため「ユーザからの求めがあった場合、電話会社は端末をアンロックする手段を提供しなければならない」「SIMロック端末と同時にロックなしの端末も販売せねばならない」という規制があるらしく、これまではリスクのあるハックでしか手に入らなかったSIMロックフリー版が純正品として登場することになります。ただしSIMフリー版の価格がいくらになるのかは今のところ不明。Orange版iPhoneの価格は399ユーロとされているものの、こちらの契約縛り期間(米国のat&tでは2年)も明らかになっていません。

[via Orange]
関連キーワード: apple, iphone, orange
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents