Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

Xbox 360、次期システムアップデートで「友だちの友だち」機能を追加

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年11月27日, 午前11:00 in Microsoft
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View


12月5日に予定されているXbox 360のシステムソフトウェアアップデートでは初代Xboxタイトルをダウンロード購入できる「Xbox クラシックス」サービスの開始があきらかになっていますが、さらに新たな機能「Friends of Friends」が公表されました。FoFは「ともだちのともだち」を参照できるという機能。

Xbox 360では知人や対戦ゲームで出会ったライバルなどをお互いの了承のもとフレンドリストに追加でき、だれがどんなゲームで遊んでいるか、参加者募集中かどうかなどをいつでも参照できるXbox Liveの機能が売りとなっていますが、FoFによりすでに登録されているフレンドのそのまたフレンドを参照して登録をお願いするといったことが可能になります(※「公開する」を選択していた場合)。

また「公開したくない」場合については、Xbox Liveのほかの要素とおなじく「すべての人」(全体に公開)、 「フレンドだけ」、「制限」(完全に非公開)の設定から選べるようになっています。デフォルトの設定では、年少者保護のため12歳以下は「制限」(公開設定に変更不可)、13歳から17歳では「フレンドだけ」(「すべての人」は設定不可)、18歳以上は「すべての人」(「制限」「フレンドだけ」も選択可能)。

Xbox Liveは従来から「最近一緒に遊んだプレーヤーのリスト」を用意してゲーム後に相手の戦績やプロフィールを確認したり(公開されていれば)、あるいはメッセージやフレンド登録依頼を送るなどゲームを楽しむためのコミュニケーション支援機能を提供してきましたが、一般的なSNS風味サービスでは基本の「ともだちのともだち一覧」をやっと用意したことになります。だれと遊んでいるか人に知られては困る、宿敵と裏で通じていたことが発覚すると吊し上げられる、ウチの文化圏では はしご禁止がデフォルトだというかたはこちらの設定ページから「制限」を選んでください。

[via Joystiq]
関連キーワード: microsoft, xbox 360, xbox live, Xbox360, XboxLive
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents