MacBook Airについて、Macworld会場で触って&スタッフを問いつめて判明したことをいくつか。
  • Micro-DVI出力はシングルリンクまで。つまり24型ディスプレイの1920 x 1200までは出力可、30インチ / ネイティブ解像度2560 x 1600は不可。DisplayLinkのアダプタに期待。
  • 光学ドライブ間借りのRemote DiscをほかのPCで使うソフトはインストールDVDに入ってくる。
  • 電源コネクタはMagSafeを採用。ただ、方向は90度横を向いている
  • MacBook / Proのアダプタも形状としては利用可能。ただコネクタの位置と大きさ的にやや乗り上げるような形になる。
  • MacBook Airの付属ACアダプタは45w品。こちらも他のMacBookで使えることは使える(はず)。ただし使用しつつ充電には足りないかもしれない。
  • オプションのUSB MacBook Air SuperDrive 1万1800円はMacBook Air側のハードウェアに依存するらしく、一応専用品。ほかのMacBookで使えるかどうかは未確認。(例えばAir側が認識するとUSBの規格以上に電力を供給するとか)。
  • 64GB SSDオプションは80GB HDDとの差額12万1800円。SSDの仕様は未詳なものの、HDDは1.8インチ4200rpm PATAであまり速くないはず。
  • スピーカーはモノラル。キーボードの隙間から音がする。
  • キーボードはバックライトつき。環境光センサで自動ON/OFF。
  • ポート類(音声出力、USB 2.0ポート(x1)、Micro-DVI)は開閉式。端子の前にドアではなくポート部分そのものを引き下ろす
  • アナログ音声出力ポートはあっても入力はなし。内蔵マイク、あるいはUSBオーディオデバイス。
  • 外部映像出力はmicro-DVIポート。DVIとVGAアダプタの2本は付属、コンポジット / Sビデオは別売り
  • ノートPCのバッテリーも遂にiPod化の時代へ。別売り(MacBook Proバッテリーと同額)を買えば交換の技術料は無料。
関連記事はtag:MacBook Airで。ビデオリポート触ったギャラリーvs. MacBook Proサイズ比較ギャラリーも参照。

アップルMacBook Air さらに詳細
広告

0 コメント

広告