正確には「HD DVD事業及び半導体新棟立地についての説明会」。

16:55 まもなく開始。

16:57 資料配付。「HD DVD事業の終息について」(プレスリリース)。

17:05 事業環境の激変により、「苦渋の決断ではありますが」HD DVD事業の終息を決断いたしました。この時刻をもって正式にHD DVD終了。

(敗退の原因について、またこの(過去の規格争いの例からすると)早い時期に決断した理由については、後半の質疑への回答を含めてまとめれば、客観的(つまり東芝的)にはまだ台数シェアで優位だった12月時期の「ワーナーの方針転換」。「われわれにとっては寝耳に水に近いものでございまして、われわれに与えた影響は大変大きい」。フォーマット戦争が消費者に影響を与えることは分かった上でやむを得ず続けてきたが、「ワーナーなき後を考えますと、当社がこれにstickいたしまして、細々ながら事業を続けても消費者の皆様がたに迷惑をかけることもあり、また競争という点からももはや勝ち目がないと判断した」。

レコーダー、プレーヤーは生産中止、3月末で事業終了。PC用およびゲーム機用も終息。

すでに購入したユーザーに対しては今後8年間の部品保有、ディスクのオンライン販売など万全のサポート。


今後についてはNANDフラッシュ、小型HDDなど「当社の強みを活かした」戦略へ。(今後は、市場動向を見極めながら、当社が持つ半導体のNAND型フラッシュメモリや大容量で小型のHDD等のストレージ技術や、次世代CPU、画像処理、ワイヤレス技術、暗号処理技術などを最大限に生かし、新たなデジタルコンバージェンス時代に適した次世代映像事業の中長期的な新戦略を再構築してまいります。)

さて、HD DVD終了と同時に発表されたのはNANDフラッシュメモリ生産能力の増強。四日市工場および岩手東芝エレクトロニクス敷地内に2棟を同時に新設。2009年着工・2010年竣工予定。

さらなる増強を図る事業、歩みを止めて再構成すべき事業。
事業環境の変化に対して「先手を打って対応してゆくことが不可欠であるとの判断から決断いたしたものでございます」。

QAから。
BDを手がける予定は?
「現時点において、まったくございません」。

ワーナーに逃げられたのは油断では?
「油断といえば油断かもしれませんけれども、」 契約は12月よりもう少し長かった。(それなのに)契約が切れる前の段階であのような方針転換があった。「油断があったかどうか?についてはなかなかお答 えしにくい(苦笑)。あったかもしれないが、契約という観点からはなかなか難しい質問」。

映画スタジオに配った 実弾  お手当については?

「海外でそのような報道があったようですが、憶測には回答いたしません」。

役員会でどう揉めたの?
「これは、みなさんがたにはお話はできません(笑い)。こういうことを社外に公表されている会社はたぶん一社もないのではないかと」(会場笑う)。「当然、いろいろな議論があるのはあたりまえでございますから、そう言う議論を経た上で最終決定をすると、いうことでございますので。それは、わたくしのほうからはお話しできないということになります」。

プレスリリースはReadリンク先。質疑応答の続き、ある意味今回のハイライトは次の記事「HD DVD終戦 ―― 結局何台売れたのか?」へ。

東芝「HD DVD事業」説明会 - HD DVD終了のおしらせ
広告

0 コメント

広告