Sponsored Contents

inphaseの最新記事

Image credit:
Save

InPhase Tapestry 300r ホログラフィックストレージディスク 来月出荷

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年4月28日, 午前08:20 in Inphase
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Blu-rayディスクのさらに数倍から数十倍という謳い文句だけは聞こえるものの製品を見かけなかったホログラムストレージディスクがついに出荷されます。ベル研究所からスピンオフしたInPhaseは初の商用ホログラフィックストレージドライブTapestry 300rを2008年5月に出荷するとのこと。

Tapestry 300rは直径13cmのカートリッジ入りディスクを使い、最初に提供される容量は一枚300GB。転送速度はread/write 20MB/秒。続くモデルでは800GB / 枚で80MB/秒、1.6TB / 枚で120MB/秒の実現が予告されています。

問題の価格はドライブが1台 1万8000ドル、300GBのメディアが一枚180ドル。ドライブ価格はさておき容量単価はHDDはもちろん未だに高価なBD-Rにすら及びませんが、売りは公称50年以上という長寿命、かつ厳重な湿度や温度管理を必要とせず一般的なオフィス環境での保存に耐えること、誤って書き換えることがないWORMメディアである点。

つまりコンシューマー向けではないプロ用の映像制作や、法令で書き換え不能メディアでのデータ保管が義務づけられるような分野のアーカイブ用製品です。InPhaseいわく、Tapestryシリーズは12から24か月で次世代製品を投入する計画。テラバイトディスクは2010年から12年の1.6TB / 枚で実現する予定です。

[Via The Register, ZDNet(動画あり)]



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: inphase
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents