Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 2.0.1は非公認アプリと共存不可、アンロック不能になる可能性

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年8月5日, 午後08:42 in Apple
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View

本日より提供が始まったiPhone ソフトウェア 2.0.1について、iPhone devチームが脱獄犯のための所見を掲載しています。まず、PwnageToolの最新版はv2.0.1ですが、iPhone 2.0.1の脱獄には対応していません

また、現在JailbreakしているiPhone 3Gを2.0.1にアップデートすることはできるものの、Jailbreakは無効になり、非公認(非App Store) サードパーティーアプリも作動しなくなります。

また2.0.1にはベースバンドアップデートが含まれており、DevチームはiPhone 3GのSIMアンロックが将来にわたって不可能になる可能性も指摘しています。3Gのアンロックは現行のPwnageToolでもサポートしていませんが、もし実装されたとしても適用できなくなる(かもしれない) とのこと。ただし、一部地域で販売されている最初からSIMロックフリーなiPhone 3Gは影響を受けません。

2.0.1に対応したPwnageTooolの新バージョンは現在テスト中。自分の意志でわざわざ脱獄しておきながらついうっかり最新ソフトウェアアップデートを適用してしまうかたもまあいないとは思いますが、Jailbreak環境が必要な場合、少なくとも2.0.1対応Pwnageが正式にリリースされるまでアップデートは控えて置いた方が良いようです。
関連キーワード: apple, hack, iphone, iphone 3g, Iphone3g, panage
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents