Sponsored Contents

cernの最新記事

Image credit:
Save

CERN、ラージハドロンコライダーをラップで紹介

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年8月10日, 午前11:06 in Cern
2シェア
0
2
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


全周27kmにもおよぶ物理実験施設 LHC (Large Hadron Collider, 大型ハドロン衝突型加速器)の稼動開始を前に、CERN (欧州原子核研究機構)があらたな広報手段「ラップ」を採用しました。続きに掲載した5分ほどの動画ではLHCの規模から建設の背景、素粒子物理学と加速器の役割、ATLAS・ALICE・LHCbといった各実験グループの名称と研究目的、果てはヒッグス粒子の存在が仮定される理由まで、ラップに乗せて力技で解説しまくります。

作詞とラップ担当はこの人、物理っぽいハンドサインを決めてくねくね踊るバックダンサーの皆さんはクレジットによると「匿名希望」。気になるとすればそもそもなぜラップ?という点ですが、刃物やせいぜい拳銃くらいしか振り回さないチンピラよりも、ブラックホールを造って地球を壊しかねないと恐れられる物理学者のほうがよほどギャングスタっぽいという理由ではないでしょうか。

[Via Protein Feed, 本家Engadget]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cern, lhc
2シェア
0
2
0

Sponsored Contents