Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

初代 iPod nanoの過熱・焼損事故多発、交換対応へ

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年8月20日, 午後02:01 in Apple
1 シェア
0
1
0
0

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



初代iPod nanoの過熱・発火事故について経済産業省が注意喚起をおこなったことを受けて、アップルが「第1世代 iPod nano バッテリー問題について」と題したプレスリリースを公表しています。初代nanoの過熱・発火事故は海外でも複数 (写真は米国の事例)、国内でも3月に焼損事件が報告されていますが、さらに重大製品事故(火災)が2件、軽度の人的被害が生じた事故(火傷) 2件、それ以外の製品破損が12件と多発していることから、経産省は19日付けでメーカー名・製品名を公表して消費者に注意喚起をおこなっています。

経産省の発表資料「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について」(8月19日)の特記事項として公表された製品番号は:
MA004J/A (販売台数708,000台)
MA005J/A (販売台数393,000台)
MA099J/A (販売台数424,000台)
MA107J/A (販売台数287,000台)

いずれも17年9月から18年9月に販売された計 約180万台。

経産省の発表ではアップルの対応について、「バッテリーセルの内部欠陥が発生するに至った原因を確定できていないこと、事故被害程度に対する同社内の対応判断基準などから、これまでどおり同様な事例につき、過熱・焼損事故が発生した後で消費者から修理を受け付けるとしております」とさりげなくすごいことが書かれていましたが、アップルの20日付けプレスリリースでは「ごくまれなケース」「(初代iPod nanoの) 0.001パーセント未満」「重大な人的被害や物的損害は報告されておらず」初代nano以外で発生した報告もないと強調したうえで、バッテリーの過熱を感じた客はAppleCare窓口で交換対応をとると発表しています。「過」熱かどうか分からないが怖いという初代nanoユーザーについては「少しでもご不安を感じられた方も、AppleCareにご連絡ください」。燃えるまで待って修理と比べれば改善された対応です。

Read - 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について (経産省, 8月19日)
Read - 第1世代 iPod nano バッテリー問題について (アップル, 8月20日)
関連キーワード: apple, ipod, ipod nano, IpodNano
1 シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents