Sponsored Contents

asusの最新記事

Image credit:

Asus、社外秘文書や履歴書・クラックツール入りのリカバリDVDを出荷

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年9月19日, 午前10:30 in Asus
3 シェア
0
0
0
3

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

View


フラッシュメモリ製品などでたまに聞くデータ混入の話題。複数のPC系フォーラムに投稿されたユーザーの証言によると、Asus製ノートPCに付属してきたWindows Vista DVDには「ConfigSetRoot」や「Crack」といったフォルダがあり、中身には市販ソフトウェアのシリアルナンバークラックツール、マイクロソフトのメーカー向け文書やプログラム、Asusの社内向けプレゼンテーションやソフトウェアのソースコードなど社内文書が含まれていたとのこと。また別のユーザーの報告では関係者らしい人物の履歴書ファイルといったものまで見つかっています。

クラックツール(keygen)を見つけたユーザーいわく、発見したのはアンチウィルスソフトがいくつかのプログラムに反応したため。問題のDVDを入手して確認したという英PC Pro誌によれば、含まれていたWINRARアプリケーションは広く出回っているクラックシリアルとおなじ"Freddy Cruger"名で登録されていたとのこと。同誌の照会を受けたAsus広報はユーザーに謝罪したうえで問題の調査を約束しています。単なる社内文書や知らない人のレジュメならともかく、リカバリしたら法的に疑わしいファイル入り環境に復元されたというのはちょっと洒落になりません。人として問題のあるファイルを溜め込んでいることが発覚してしまったときは「リカバリしたときから入っていた」と無罪を主張してみてはいかがでしょうか。

Read -- PC Pro
Read -- APC Mag
Read -- ASUS forum screengrab

関連キーワード: asus
3 シェア
0
0
0
3

Sponsored Contents