breaking newsの最新記事

Image credit:

任天堂、新型DS 「ニンテンドーDSi」を発表、11月1日発売

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月2日, 午後01:49 in Breaking News
85 シェア
1
0
84
0
0

注目記事

人気記事



現在開催中の任天堂カンファレンス2008秋にて、待望の新DSが発表されました。

名称は「DSi」。初代からLiteのような外観上の変更だけではなく、新機能を追加したモデル。

外見はLiteと酷似。DS Liteよりさらに12%・2.6mm薄く (でもタテヨコは広がってる)。重さは4gだけ軽い214g。画面は両方とも3.25inchと微妙に大型化。

事前のうわさどおりGBAスロットを廃止、SDスロットおよび内蔵ストレージを搭載。ダウンロードコンテンツなどを本体に複数保存して起動可能に。


カメラは背面とヒンジ部分のVGA (30万画素)。写真を撮るためというよりプリクラ的なエンターテインメントもしくはコミュニケーション志向。本体にカメラアプリ「DSiカメラ」を内蔵。顔合成やフレーム付加といった遊べるカメラ。DSi同士は直接交換可能。

SDカードに保存したAACファイルを再生できるアプリ「DSiサウンド」。ビジュアライザや可変速再生、区間リピート、簡易ボーカルキャンセル、マイクでサンプリングした音声をボタンで「演奏」して音楽に重ねたりといった「遊べる音楽プレーヤ」。


DSiから直接アクセスできるオンラインサービス「DSi ショップ」を開設。PSNやXBox Live marketやApp Storeのようなコンテンツ販売。Operaベースのウェブブラウザ「DSi ブラウザー」、アニメも作れる手書きメモ帳「うごくメモ帳」を無償提供。

Wiiポイントをニンテンドーポイントに改名。WiiウェアのようなダウンロードコンテンツDSウェア。
価格は無料 / 200 / 500 / 800 (プレミアム) ポイント。ストアに接続すると1000ポイントプレゼントの期間限定キャンペーン。


WiFiスポットでロケーションセンシティブな情報を提供する「nintendo zone」サービス。
当初はマクドナルドから。セーフコ・フィールドで実験していたNintendo Fan Networkの一般化版のようなもの。
DSiは設定など不要で内蔵のニンテンドーゾーンビューアから接続。場所に応じた情報のほか、体験版や追加コンテンツ配信、WiFiコネクションなども利用可能。

価格は1万8900円。11月1日発売。

カラバリは白とマットブラック。

カメラはQRコードなり色々使えるとして、キモは内蔵ストレージ&SDカードで「チャンネル」や「ニンテンドーゾーン」のコンテキスト依存サービスなりのプラットフォームになれるところ。これまではまずクライアントをダウンロードする必要があったり電源を切ると消えてしまったりetcがやっと使い物に。未確認ながら、物理的にスロットをなくしただけで内部的に従来どおり互換を維持しているならばGBAタイトルのダウンロード販売もやってきそうです。

更新:任天堂のDSi 公式サイトがオープンしました。

DS Liteと比較した仕様は137 x 74.9 x 18.9mm (幅が4mm広く、奥行きが1mm長く、厚さが2.6mm薄い)。
重さは214g (4g軽い)。スタイラスは4.5mm長い。
バッテリーの持続時間はかなり短くなっている。
最低輝度で約9 ~ 14時間 (Liteは15から19時間)
最高輝度で約3から4時間 (同5~8時間)
(ただ、設定上の「最低輝度」や「最高輝度」がおなじ明るさかどうかは別の話)。

続きはカンファレンスで公開されたDS新作ソフト群のプロモーション動画。

公式には「802.11」無印だったDS / DS LiteからWiFiも高速化。WEPだけでなくWPA / WPA2もようやくサポート。

ギャラリー: 任天堂 DSi



85 シェア
1
0
84
0
0