Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Androidにも遠隔アンインストール機能入り、アプリは返品可

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年10月17日, 午後06:42 in Android
4シェア
0
0
0
4

連載

注目記事

人気記事

速報:『あそびの発明』Nintendo Labo発表。工作キットと任天堂スイッチを合体

速報:『あそびの発明』Nintendo Labo発表。工作キットと任天堂スイッチを合体

Ittousai, 23 時間前
View
アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

Ittousai, 12 時間前
View


iPhoneに「不適切な」アプリをアップルの判断で外部から無効にできるブラックリストが存在していたことはしばらく前に発見されて話題となりましたが、GoogleのAndroidも同様の仕組みを備えているようです。Android版のApp StoreことAndroid Marketの規約によれば、Googleは開発者を対象とした配布プログラム (developer distribution program)に違反したアプリが配布された場合、すでにデバイスにインストールされた当該アプリをリモートから削除する権利を持つとのこと。

開発者とGoogleの契約はともかく、消費者にとっては使っているアプリがいつのまにか消える(かもしれない)ことは、マルウェアの場合などユーザー保護を考えても一概に歓迎できるものではありませんが、規約には問題のアプリが有料で購入されたものの場合、Googleは元の開発者からユーザーが返金を受けられるよう「妥当な範囲で努力する」ことが明記されています (Googleが代わりに払ってくれるわけではないらしい)。

暴走阻止用の自爆機能が組み込まれているとはいかにもアンドロイドらしい、というのはさておき(爆発はしません)、あらかじめ審査を経た開発者に対してアップルと競合しないアプリのみの配布を許しているApp Storeと異なり来るもの拒まず体制のAndroid Marketだけに、「キルスイッチ」の実際の運用は注目されるところです。また リンク先Computer world記事によれば、Android Marketで手に入れたアプリは有料であっても一律に24時間以内の「返品」が認められている(?)という規約もあります。アプリもDRMコンテンツ扱いであることを考えれば運用としては想像できるものの、24時間で「気が済んでしまう」アプリの対応が気になります。
関連キーワード: android, android market, AndroidMarket, google
4シェア
0
0
0
4

Sponsored Contents