「美・画面」を売りにする一方で画面に横シマが発生するようになったPSP-3000について、SCEIの公式見解が届きました。いわく、
白 黒など明暗の差が大きい映像シーンなどでは、PSP-3000の液晶デバイスの特性 により、画面に横縞が入る場合があります。

PSP-3000は、映像クオリティを大幅に向上させた液晶ディスプレイを搭載し、従来以上に自然で色鮮やかな映像を実現いたしました。残像を低減するため応答速度を上げたことで、上記現象がより視認しやすくなりました。

なお、この現象はハードウェアの特性によるものですので、システムソフトウェアのアップデートでの対応は予定しておりません。
サブピクセル配列が90度回転していることからも窺える「液晶デバイスの特性」変更がどのようなものなのか具体的な説明はないものの、「映像クオリティを上げたらから横シマが見える」「アップデートで直すものではない」の2点は明確になりました。回答では「白黒など明暗の差が大きい映像シーンなど」とされていますが、いわゆる動画コンテンツや画面全体が動くゲーム以外でも、キャラクターやカーソル・アイコンが移動したり、人物が腕を動かしたりするとエッジに縞が視認できます。また暗転を挟んだ画面切り替えなど、一般的な意味で「動き」のない場面も同様。ソフトウェアでなんとか改善してくれることを願っていた3000ユーザーには残念な報せです。

とはいえPSP-3000の動画再生は広色域化・残像感の減少・コントラスト向上の恩恵が大きく、動画をおいても静止画の表示や動きのほとんどないゲーム、ノンゲームコンテンツの利用、あるいは逆に1000 / 2000の液晶では残像がひどすぎてシマシマのほうがよほどマシなゲームについては2000より優れたデバイスであることはたしかです。横シマがどうしても耐えられない場合は動きのあるゲーム・従来の色設定に最適化されたゲーム用に2000、写真とシューティング用に3000を併用してみてはいかがでしょうか。

追記:SCEIの公式見解に続いて、問題を「調査中」だった米SCEAからもコメントが発表されました。全文は続きに掲載。
SCEAのステートメント全文は以下。
On some occasions, scan lines may appear on scenes where brightness changes drastically, due to the hardware features of the new LCD device on PSP-3000. Installed with this new LCD device, PSP-3000 offers more natural and vibrant colors on its screen, but the scan lines have come out to be more visible as a result of improving response time to alleviate the afterimages on PSP-3000. Since this is due to hardware specification, there are no plans for a system software update concerning this issue.
つまり上の日本語によるコメントを一言一句余さずそのまま英語にした内容。地域ごとの自主性を尊重する社風のためか同一の事象についても幹部により解釈や表現の異なることの多いSCEですが、今回の事態については対応を協議のうえ統一見解を共有したようです。「横縞」にあたる語は「スキャンライン」。

[via Joystiq]