Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ガジェットを防水加工するGolden Shellbackコーティング、個人向けサービス開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月1日, 午前08:41 in Golden Shellback
24 シェア
1
0
19
0
4

連載

注目記事

人気記事

明日土曜『ドラゴンクエストⅪ』が発売。PS4版と3DS版の違いや「ふっかつのじゅもん」を予習しておこう

明日土曜『ドラゴンクエストⅪ』が発売。PS4版と3DS版の違いや「ふっかつのじゅもん」を予習しておこう

View


完全に水没した状態でもちゃんと動くiPod touchのデモを公開していたGolden Shellbackが一般向けのサービス受付を開始しました。Northeast Maritime Institute社の提供するGolden Shellbackコーティングは、携帯電話やiPodといった電子機器の表面全体に透明な被膜を施すことにより防水・防沫化するサービス。

コーティング材の具体的な組成についてはあまり解説がないものの、真空蒸着により厚さ1マイクロメートル~の透明な保護層を構成するとされていることから、工業用で一般に使われているパリレンコーティングのような技術であると考えられます。つまり最初から防水仕様の機器のようにパッキンで水を防ぐのではなく、端子部などを除くサーフェイス全体に被膜を作って防水化する方法。

今回受付が始まった個人用サービスでは、1台につきスマートフォンのBlackBerry PeralではUS$120、iPod shuffleは60ドル、iPod touchなら 120ドル、GarminのGPS etrexが75ドルといった価格になっています。iPhoneには今のところ非対応。シャッフルの加工費が1GBモデルの本体価格49ドル / 5800円より高くなっているのは万が一水に濡らした際の対策としてはかなり本末転倒な気もしますが、雨や汗でも安心して使えて小型、iTunesが使えるプレーヤー 110ドルと考えるユーザーには便利かもしれません。防沫 iPod touchはたぶんシャワー中もネットから離れられない・動画が観たい人向け。

なおGolden Shellbackの概要説明では水没にも耐えるとされているものの、実際の保証規定では「雨・霧など水分への軽度の暴露」まで、「JIS 7 (IPX 7)相当として販売されるプロダクトのみ水深1m ・30分までの水没」に耐えることを保証すると表現されています。また一度蒸着させた被膜は当然ながら基本的に剥がせず(こすり取るしかない)、本来のメーカー保証からもおそらく改造扱い。続きは水没状態で動くiPod touchのデモ。

[Via gCaptain]

関連キーワード: golden shellback, GoldenShellback
24 シェア
1
0
19
0
4

Sponsored Contents