iPhoneにようやくFlashサポートが提供されることが明らかになりました。リンク先BloombergのインタビューでアドビのCEO Shantanu Narayen氏が語ったところによると、「(Flash for iPhoneは) 技術的に難しい課題であり、アップルとアドビが協力している理由のひとつ」「(iPhoneのFlashサポートを) 提供する責任はいまやわれわれにある」。アドビは以前よりiPhoneにFlashを提供したい意向を示していたものの、アップルの協力がなければ不可能と語っていました。

いわゆる普通の携帯とは一線を画すリッチなモバイルインターネット体験を売りにするはずのiPhoneがいつまで経ってもFlashに対応しない理由について、アップルのジョブズCEOはかつて「(モバイル用のサブセットである) Flash Liteでは機能が不十分だが、フル版のFlashはiPhoneにとって重すぎる」という意の発言をしていたのはご存じのとおり。Bloombergによると、ジョブズはアドビに対しFlash LiteではなくPC向けのフル機能Flashでもない「第三のFlash」を求めたとされています。 具体的にどのような実装あるいは規格になるのかは未詳。ウェブ製作者にとっては期待と不安半ばといったところでしょうか。提供時期や形態なども現時点では不明のまま。

[Via AppleInsider]

アドビ、アップルと組んでiPhone用 Flashを開発中
広告

0 コメント

広告