Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

PCがスリープ中でもIMに応える・ダウンロードを続ける「寝言」NIC

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年4月27日, 午後12:03 in Microsoft
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


写真はUCサンディエゴの研究者とMicrosoft Researchが共同開発したネットワークインターフェース「Somniloquy」のプロトタイプ。Somniloquy (「眠」+「言」)はエコでエネルギー効率の高いコンピューティングを目指して、「コンピュータには通常のアイドル状態より桁違いに消費電力の低いスリープモードがあるけれどあまり使われていない、なぜならユーザーは直接作業をしていないときでも、バックグラウンドでダウンロードを続けたりリモートログインに待機したり、メッセンジャーをオンライン状態にするなどネットワークから「見える」状態をキープしたいからである。しかしそんなタスクの大半はフルのCPUやシステムを使うには及ばないから、ネットワークインターフェース側をちょっと賢くして肩代わりすればよい」というプロジェクト。

具体的にはPCがスリープ (S3など完全にCPUが止まっているとき)でもネットワーク側からは「起きて」いるように見せかけるため、また本当にスリープから復帰したときにはそのまま睡眠中のアクティビティを引き継げるように、ネットワークインターフェース側の低消費電力組み込みプロセッサがコネクションをそのまま乗っ取ります。現在のプロトタイプ実装では組み込みLinuxとSDカードを載せたGumstix基板 USBネットワークインターフェースのかたちを取っており、たとえばBitTorrentダウンロードならSomniloquy側のフラッシュメモリにファイルを保存、もし容量が足りなくなったらPCを起こす、メインのストレージにダンプする、また寝かしつけるという動作をします。

NICの機能としてはリクエストに応じて本体を起こすWake On LANが従来より存在していますが、Somniloquyは負荷の低いアクティビティなら本体が起きていても寝ていても透過的にコネクションを維持して肩代わりすること、本体を起こす必要があるか否か判断できる点がポイントです。UCサンディエゴのYuvraj Agarwal氏いわく、Somniloquyを採用すれば一般的なPC作業での消費電力はおよそ6割から8割削減することが可能。現在は外付けのUSBタイプとして実装されていますが、将来的には内蔵ネットワークインターフェースのアーキテクチャとして取り込むことを狙っています。

なお、Somniloquy側でコネクションを維持してオンラインステータスにしているメッセンジャーで話しかけられた場合はすぐにシステムを起こすのか、あるいは意味不明瞭な寝言を返すのかは不明。Microsoft Researchが関わっているならシェイクコマンドでスリープ復帰を組んでくれるかもしれません。また、NIC側に知能を持たせて作業を肩代わりさせる発想としてはゲーマー向けの Killer NICがすでに販売中。こちらはシステムを休ませるのではなく、些事を取り除いて全力で演算に取り組ませる目的です。

Read - Physorgの記事
Read - 論文 Somniloquy: Augmenting Network Interfaces to Reduce PC Energy Usage (PDF)

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents