まもなく開幕のWWDC 2009では iPhone 3.0(仮)こと次世代 iPhoneの発表が見込まれていますが、今年もまた直前予想やリークのたぐいが出回っています。ユニボディMacBookについてほぼ正確な事前情報を掴んでいた John Gruber氏によれば、新 iPhoneは 大幅に高速化されたプロセッサと2倍のRAMを備え、16GB 199ドル / 32GB 299ドルで登場するであろう、とのこと。

メモリ・ストレージ倍増で高速化 (1.5倍)、また動画撮影機能が大きくアピールされるという点はこれまで複数の情報筋が主張してきた新 iPhoneの仕様とおなじ。ただ目新しいのは、新 iPhoneのコードネームが「iPhone 3GS」であるというところ。同氏はSがなんの略かは分からない(speed?)、またiPhone 3Gのように最終的な製品名になるかも不明と語っていますが、新 iPhoneは3G (HSPA)通信速度がさらに向上しているという説もあります。以前のうわさでは(性能の向上にもかかわらず) 同程度らしいとされていたバッテリーについては、現行 iPhone 3Gより15から20%ほど延長という予想。

またフォームファクタについては現行 3Gとほぼおなじサイズ・形状のまま、デザイン上は区別できるように変わるとしていますが、実際にどうなるのか、たとえば上の「リーク」画像のように画面周りの銀オビが消えるのかetcは「分からない」。さらにFinancial Timesなどが「詳しい筋」情報として報じている廉価版 iPhoneについては、たとえはiPhone nanoのような新モデルの登場または現行3Gの値下げが考えられるが、おそらくiPhone 3Gの値下げ(99ドル)であろうとしています。

一方、以前のうわさにあった別の要素、たとえば有機ELディスプレイや電子コンパス、カメラの具体的な画素数や性能、光るアップルロゴなどについては言及なし。あくまで打率の良い「予想」に過ぎませんが、うわさの集大成的な意味ではいかにももっともらしい説です。真実があきらかになる(と思われる) WWDC 2009 キーノート速報はこちら
次世代 iPhoneは「iPhone 3GS」、16GB/32GBでまもなく発表?

0 コメント