Sponsored Contents

gr digitalの最新記事

Image credit:

GR Digital III 発表、F1.9レンズ & 新ノイズリダクション搭載

Haruka Ueda
2009年7月27日, 午後07:01 in Gr Digital
2 シェア
2
0
0
0

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

折りたたみ二画面スマホ『M』発表。ドコモ主導で誕生したグローバル端末
5

折りたたみ二画面スマホ『M』発表。ドコモ主導で誕生したグローバル端末

View

リコーがデジタルカメラ GR Digital IIIを発表しました。今更の紹介は必要ないかもしれませんが、2005年のGR Digital、2007年のGR Digital IIに続く高級コンパクトデジカメシリーズの最新作です。

今回、一番の変化があったのはレンズ。28mm単焦点はもちろんそのまま、F値が最高2.4から1.9と明るくなっています。画像エンジンには新規ノイズリダクション技術を備えたGR エンジンIIIを搭載。CCDは約1000万画素という点では同じですが、高感度タイプのものになっています。さらに低輝度時などのフォーカス駆動時間が短縮。

そのほか細かな面では5枚までのRAW連続撮影、シャッタースピード優先AE、色相と彩度のコントロール機能、マルチパターン・オートホワイトバランス機能などが追加。液晶モニタはやや大型化して3.0型となりました。一方でサイズもシリーズではじめて変更となり、108.6 x 59.8 x 25.5 mmとやや巨大化。重さは本体のみで約188gです。

オプションでは21mm相当になる0.75倍のワイドコンバージョンレンズGW-2やフード&アダプターGH-2が発売。今秋にはTTL調光に対応した外部フラッシュGF-1も発売の予定です。ただしこれまでの公式ケースGC-1 / GC-2やフード&アダプターGH-1、テレコンバージョンレンズGW-1は利用できません。

発売日は来月5日。価格は量販店で8万円くらい。ワイドコンバージョンレンズは希望小売価格1万5000円、フード&アダプターは5000円。外部フラッシュは詳細未定。リコー党の皆様がボーナスを残しておいたかが懸念されるところですが、これまでと同様にGR Digital / GR Digital IIでも同等機能になるファームウェアも公開されます。

Read - プレスリリース
Read - 製品情報

2 シェア
2
0
0
0

Sponsored Contents