Sponsored Contents

cyber-shotの最新記事

Image credit:
Save

自動撮影カメラ台 Party-shot、構図を考えてパン・チルト・ズーム

Haruka Ueda
2009年8月6日, 午後03:40 in Cyber-Shot
22シェア
0
22,"likes":16
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


高感度CMOS搭載のサイバーショットと同時に、ソニーから面白そうなカメラアクセサリーが発表になりました。名前はParty-shot(パーティーショット) IPT-DS1。一見したところただのカメラ台座ですが「カメラがカメラマンになる」というキャッチコピーのとおり、回転(パン)・角度調節(チルト)・ズームまでして被写体を発見、構図を考えた写真を自動的に撮影します。いわゆるパンチルター。

シーン認識、顔認識、スマイルシャッターなど着実にロボット化の道を歩んできたデジタルカメラの変遷を考えれば「もういっそ俺に撮らせろ」というカメラ側の主張はもっとも。ロボットに撮影を任せることでカメラを意識しない写真、その場にいる全員が揃った写真が撮れるというメリットもあります。

設定できるのはパン角度、撮影頻度、オートフラッシュの有無。単3電池2本駆動で、アルカリ電池なら11時間動作。映像出力端子を備え、動作中の様子をテレビなどで確認できます。別売オプションには専用ケース、ACアダプタ、ミニ三脚付きのトラベルセットなど。残念なのは対応カメラが前述のサイバーショット新モデル2機種のみという点。今後の拡充が期待されます。

価格は税込1万4910円、発売日は9月4日。結婚式に即売会の机にと色々な用途が思いつきますが、人間のカメラマンは必要かというような議論を招かないよう、我々も撮影技術の研鑽が求められるところです。

Gallery: Party-shot IPT-DS1 | 8 Photos

8


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cyber-shot, cybershot, party-shot, sony
22シェア
0
22,"likes":16
0

Sponsored Contents