gamescom 2009 ソニー基調講演にて、新型プレイステーション 3 が正式に発表されました。価格は2万9980円。仕様は現行のPS3を引き継ぎつつ(※)、体積は約 3分の2に、重量は現行の約4.4kg (大人の猫一匹)から約3.2kg (ヒヨコ約34羽)へ軽量化されました。ハードディスクドライブ容量は120GB。国内では9月3日に発売されます。米国では9月1日発売。根強くうわさされていたPS2 後方互換性はなし。

下のギャラリーでは奥行きが旧型より伸びて正方形に近くなっていること、厚み・幅 (高さ)がかなり小さくなっていることが分かります。初代比の体積は約 2 / 3。USBポートは x2、 HDMIも x1 。付属品はDUALSHOCK 3ひとつ、AVケーブル、電源ケーブル、USBケーブル。本体色はチャコールブラック。表面仕上げはツルテカからざらっとしたテクスチャーへ。仕様上の定格消費電力は 280Wから250Wになり、ファンノイズも削減されます。

続きにはSCEAの Jack Tretton氏が PS3-2000を語る動画を掲載。新フォームファクタの導入はPS3にとって非常に大きなマイルストーンである、299ドルは「スイートスポット」であり最高のゲーム機がさらに魅力的になった、優れたマルチメディア機能も備えており単なるゲーム機だけがライバルではない、登場から3年足らずのうちにここまで到達できたことを誇りに思う、など現状と展望を語る内容です。自信を漂わせつつも淡々とした語り口ですが、新価格についてさらりと発せられた表現は「ターゲットは電気を引いている人すべて」。トレットンイズムは健在です。

slim PS3 (CECH-2000)

すべての写真を見る

11 枚





追記:プレスリリースもでました。ブランドネームは PLAYSTATION 3から PlayStation 3へ正式に変更。ロゴも「PS3」へ。PSP / PS2を含むファミリ全体を象徴する PlayStation ブランドに統合。

製品版パッケージ開封 & 実機ギャラリーを追加。HDD交換用にパネルを外した写真、旧PS3 との実機比較も見られます。

新旧 PS3とXbox 360の実機比較ギャラリーも追加。

PlayStation 3 vs PLAYSTATION 3 vs Xbox 360

すべての写真を見る

22 枚



HDMI接続時にテレビのリモコンでPS3のXMBを操作できるBRAVIA Syncにも対応。PS3はBDプレーヤとして優秀かつ安かったものの標準のコントローラは両手持ち前提かつ勝手に切断されるなどリモコンとしては使い難く、さりとて別売りのリモコンは先進のBluetooth式でほかの機器と統合できなかったため、HDMI連動はありがたいかぎりです。

システムソフトウェアは CECH-2000の発売と同時に ver 3.0へ。新機能は PS Storeの新着コンテンツ広告や最近のゲームにアクセスできるWhat's New 画面など。

CECH-2000 向けに縦置きスタンドアクセサリ。2000円。本体同時発売。


※ 現行のPS3にあって新PS3 (CECH-2000) にない機能は「他のシステムのインストール」。たとえばUbuntuなどLinuxの導入や、PS3のCellを高速な動画エンコーダとして利用する CodecSys CE-10といったアプリは使えないことになります(PS3 ネイティブアプリ版が登場しないかぎり)。ゲームユーザーにはほとんど関係ありません。






(下の画像はPlayStation.com Forums より)

デザインはPSP goの発表前に出回っていた中国発リークそのもの。
薄くなった新 PS3 正式発表、2万9980円で 9月3日発売 (動画・ギャラリー追加)
広告

0 コメント

広告