先月末に惜しまれつつ公開終了を迎えたお台場ガンダムですが、解体作業もいよいよ佳境を迎えています。現在は頭部・左腕が取り外された、なぜか胸に迫る状態。本日午前中の頭部解体には、素敵な禿頭(とくとう)を安全ヘルメットで隠したやんごとない 御大 御方が視察に訪れたといううわさもあります。

仮設の足場で解体が進む様子、作業員のみなさんとの対比で強調されるディテールとスケール感は正式公開中に見物したかたでも一見の価値あり。本日これ以上解体が進まなければ、少なくとも明日の作業再開まではこの状態が見られるかもしれません。なお広場そのものは閉鎖されていませんが、ガンダムを中心に広い範囲が立ち入り禁止となっています。お台場での見納めにゆくかたはくれぐれもお気を付けください。

Odaiba Gundam the last shooting

すべての写真を見る

15 枚




お台場ガンダム解体中、(ほぼ) ラストシューティング状態
広告

0 コメント

広告