Sponsored Contents

laserの最新記事

Image credit:
Save

照射画像をタッチ操作できるレーザープロジェクター Light Touch 

Haruka Ueda
2010年1月7日, 午後12:00 in Laser
5シェア
1
4
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Light Blue Optics社のLight Touchはタッチ操作可能なレーザープロジェクターです。同社が半年ほど前から予告していた製品で、好きな場所を10型・WVGA解像度(800 x 480)のタッチスクリーンにすることができます。タッチ操作の認識には赤外線を利用。世の中には小型プロジェクタも照射型バーチャルキーボードもありますが、両方を兼ねるというのはなかなか独特です。

さらに面白いのは、Light Touchは単体でAdobe Flash Lite 3.1が動作するという点。2GBのオンボードメモリ、あるいは32GBまで対応のmicro SDカードからアプリを直接動作させることができます。WiFi / Bluetoothにも対応し、ネット上のFlashアプリをそのまま動作させることも可能。これ一台でなんでも解決というものではありませんが、未来派キオスク端末として楽しめます。

バッテリ動作も可能ながら、連続動作は2時間どまり。またあくまで参考商品という扱いなので発売時期や価格などは言及されておらず、今後OEM化などが計画されています。続きに広報動画と画像をもうすこし掲載。

追記:
実機ギャラリーを掲載








「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

5シェア
1
4
0

Sponsored Contents