Sponsored Contents

internet explorerの最新記事

Image credit:

マイクロソフトのブラウザ選択プログラム、EUでまもなく配信

Haruka Ueda
2010年2月22日, 午後04:00 in Internet Explorer
39 シェア
1
1
37
0
0

連載

注目記事

人気記事

エイサーのWindows MRヘッドセット、売れすぎて予約受付休止へ。駆け込みは5月31日18時30分まで

エイサーのWindows MRヘッドセット、売れすぎて予約受付休止へ。駆け込みは5月31日18時30分まで

View


WindowsとInternet Explorerの抱き合わせは独禁法違反、 という欧州委員会の指摘から、これまで長く議論・検討されていたWindows向けブラウザ選択プログラムの配信がついに始まります。平たくいえば、Windowsユーザに今一度まっさらな気持ちで標準ブラウザを選んでもらうという仕組み。Windows XP / Vista / 7を対象に、英国・ベルギー・フランスでは今週から、そのほかのEU圏では3月1日からソフトウェア更新プログラムとして自動配信されます。

「重要な選択があります:あなたのブラウザ」というダイアログに始まる一連のプログラムでは、12のブラウザから選べるようになっており、最初の画面に表示されるのはGoogle Chrome、Firefox、Safari、Opera、そしてもちろんInternet Explorerの5種類。この5種類の表示順番はランダムです。さらにスクロールした先には他の7つのブラウザ(AOL、Maxthon、K-Meleon、Flock、Avant Browser、Sleipnir、Slim Browser)があり、こちらも順番はランダムとなっています。

ちなみに対象はInternet Explorerを標準ブラウザに設定しているユーザのみ。引き続きInternet Explorerを利用することにしたユーザには、IE8への移行推奨プログラムが始まります。そもそも12種類に絞られたブラウザ選考規準については以前の記事を参照して下さい。配信後、シェアがどのように増減するのかは楽しみにしたいところ。これで欧州では「推奨環境:Internet Explorer 6」の時代に終わりが訪れるのでしょうか。
39 シェア
1
1
37
0
0

Sponsored Contents