1月のCESで恒例のチラ見せ発表されていたデルの小型タブレットが、今度は製品版に近い内部資料を流出させています。デルのタブレットは対角5インチ 800 x 480の静電容量式タッチスクリーンを備え、「Streak」(コードネーム) や「Mini 5」(仮) と呼ばれていたもの。プロセッサには Snapdragon、OSにはAndroid 2.0 (以降)を載せており、ハイエンドスマートフォンを大きくしたような構成です。

今回のリーク資料で確認できたのは、デルお得意の多彩なカラーバリエーション & カスタマイズデザイン。また名称は (少なくともこの資料の段階では ) Streak と呼ばれています。背面にオートフォーカス&LEDフラッシュつきの5メガピクセルカメラ、前面にビデオチャット用のVGAカメラを備えること、横置きドックコネクタ、内蔵 3Gデータ通信なども昨年から野放し状態だった試作機と同等。

またコンテンツパートナーとしてAmazonの名が挙げられており、Kindleアプリを通じて電子ブックリーダーとして、また DRMフリー音楽ストア Amazon MP3 や Amazon Video on demand でメディア視聴デバイスとしての位置づけが示されています。製品化は近いと推測されるものの、今回の資料でも 価格や 発売時期は不明のまま。10インチ近い iPad 級タブレットとスマートフォンの中間として、ポケットに入るけれど携帯よりは見やすいゾーンのAndroid機を求めている層には気になる製品です。

Dell Streak Android tablet

すべての写真を見る

2 枚


デルのAndroid タブレットは「Streak」、Kindle本リーダーも兼用
広告

0 コメント

広告