Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPad 早くも分解、バッテリー容量はiPhoneの5.5倍・RAM 256MB

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年4月5日, 午後02:01 in Apple
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

おなじみの分解屋 / 修理屋 iFixit は当然のごとく iPad の発売当日バラしリポートを公開しています。リンク先のライブ感あふれるリポートで判明した点の一部を抜粋・要約すれば:
  • ディスプレイ側とケース側の二枚におろすと、重量はそれぞれ約350gずつ。(全体重量は公称の680gよりやや重い 697g)。
  • ケース側のほとんどは巨大なバッテリー x2本が占める。計 24.8Wh @3.75V。重量はパッケージ全体で 148g。
  • プロセッサ A4を含むメイン基板はかなり小さい (写真のシールドの下)。重さ約21g。位置はポートレートで持ったときの左上。
  • アップル独自のA4プロセッサは少なくとも三層のPoP (Package-on-Package)チップ。
  • RAMはA4に統合されている。型番からサムスン製の 2Gb 1Gb メモリ。二つで2Gb = 256MB RAM。以前ささやかれていた512MB RAMではないと思われる。(追記:実機のシステム情報ユーティリティでは「物理メモリ:247MB」表示)
  • フラッシュメモリは64Gb MLC NANDチップ。FCC提出の個体(プロトタイプ?)では東芝製、iFixitがバラした市販モデルではサムスン製。
  • 現在販売されているWiFi モデルではメイン基板のとなり(デバイス右上) が空白。3Gモデルでは3Gモデム+ GPSがここに載る。
  • WiFiモデルには3G用のアンテナがなく、また3Gモデルは背面ケースにプラスチック部分があるため、WiFi モデルを改造して 3G化は不可能でないとしても相当に面倒になると思われる。
  • WiFi + Bluetoothモジュールはデバイス下部、ドックコネクタ近く。
  • アンテナやスピーカーのコネクタなど、ユニボディ MacBook や iMac との共用とおぼしき部品が目立つ。全体に内部はスカスカで余裕がある。
  • ディスプレイ部は液晶が 153g、前面のガラスパネルとフレームが193gを占める。
  • ガラスはかなり分厚い (~1.18mm)。iPhoneでは1.02mm。
  • 液晶は個体によりLG製やメーカー不明など。
といったところ。各チップ上の刻印やパーツ型番はリンク先の本文をどうぞ。iFixit ではChipworksと協力してA4プロセッサのX線解析にまで取りかかっており、さらに詳しいA4仕様は追って公開される見込みです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, dissection, fcc, ifixit, ipad
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents