Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニー、凸版、KDDI、朝日新聞が電子書籍事業会社を共同設立へ

Haruka Ueda
2010年5月27日, 午後05:30 in Asahi Shimbun
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


ソニー、凸版、KDDI、朝日新聞の四社が電子書籍配信事業に関する事業企画会社を設立すると発表しました。資本金1500万円、資本準備金も1500万円。四社がぴったり25%ずつ出資するかたちです。7月1日の設立予定で、会社名は......まだ未定。

会社名さえ決まっていない状態なので当然かもしれませんが、肝心の事業施策についても漠然としており、いわく「書籍・コミック・雑誌・新聞などを対象としたデジタルコンテンツ向けの共通配信プラットフォームを構築・運営する事業会社への移行および年内のサービス開始を目指します」「保有する技術やノウハウを結集し、(略)国内最大級の電子書籍配信プラットフォーム構築を目指します」「事業会社は、様々な端末を通じてお客さまにコンテンツを提供できる、オープンなプラットフォームの整備を図ります」など。年内サービス開始予定という以外は具体性のない、言ってやったレベルに留まっています。

とはいえソニーはリブリエ亡きあとも米国では電子ブックリーダー(Sony Reader)を展開中ですし、凸版は印刷会社というより企画から流通までやる出版業界のドンです。また電子ブックというとKindleiPadばかり話題になりますが、ケータイコミックはすでに国内でも大きな市場となっており、KDDIの参加は頷けるところ。電子化とどう向き合うのか今一つ見えてこない朝日新聞の思惑も気になります。

おそらくプレスリリースで一番重要なのは、末尾に日本電子書籍出版社協会代表理事/講談社副社長の野間省伸氏から賛同コメントが掲載されている点。小学館、集英社の賛同をとりつけたともあり、アマゾン/Kindleやアップル/iBooksが日本の出版業界の因習に戸惑っているあいだに独自プラットフォームを推し進めるチャンスは十分にありそうです。とりあえずクールな会社名になることを期待しつつ、「「いつでも、どこでも」読みたい電子出版物を手軽に楽しめる機会を、広範な読者の皆さまに提供し、国内の電子書籍市場の発展を目指します」という宣言が口約束にならないことを願いましょう。

追記:

MSN産経ニュースは「ソニーは電子書籍端末「リーダー」の国内販売を年内にも開始する計画」と報道。Readerの現行機種としては、3G内蔵で7型タッチスクリーン搭載のDaily Editionや、6型タッチスクリーンのTouch Edition、5型のPocket Editionがあります。



無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents