Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:

アップルの隠し球は Battery Charger、2800円

Ittousai , @Ittousai_ej
2010年7月27日, 午後10:57 in Apple
30 シェア
1
0
0
29

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View
Charger !!! というわけで、予想もしない方向から突進してきた隠し球は単三形電池充電器「Apple Battery Charger」でした。機能は一般の単三充電池 x 2本用充電器と同じ。スペシャルなところは充電完了後も消費する待機電力が「一般的な他社製充電器」の10分の1にあたる30mWと少ないこと、となりの機器と干渉しにくい細身のデザイン (2本なので)、またアップルのACアダプタとおなじくプラグ部分を取り外して交換できることなど。

パッケージには充電器のほか、ニッケル水素電池が6本付属します。具体的な容量などの仕様は製品ページに見当たりませんが、散らばっている記述は「1年間しまっておいてもフル充電時から80%」残る自然放電の少なさ、再充電サイクルは「数百回」、耐用年数は「最長約10年」(最低でも年一回充電、室温保存)など。充電器は他社製充電池の充電にも対応します。

製品解説にいわく「つまり、有毒物質を含むアルカリ電池を一度だけ使って捨ててしまう悪循環といよいよお別れできる、というわけです」。きわめて環境保護に意識的な企業たるアップルのユーザーがまさか今日の今日まで充電池を知らなかったとは思えませんが、純正品で揃えられるようになったのは良いことです。価格は2800円。

Gallery: Apple Battery Charger | 11 Photos


30 シェア
1
0
0
29

Sponsored Contents