Sponsored Contents

leadtekの最新記事

Image credit:
Save

SpursEngine x4つ載せ画像処理カード WinFast HPVC1111

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年9月3日, 午後06:00 in Leadtek
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Leadtek から、SpursEngineを載せた画像処理ボードの新モデル WinFast HPVC1111 が発表されました。従来モデルの一基に対して、今回は1枚のボードに4つの SpursEngine を搭載するのが特徴。基板写真も禍々しいのか清々しいのか分からない画になっています。SpursEngineを4つ載せたことで、SPEは計16基、MPEG-2 / H.264のデコーダ・エンコーダも計4基。映像4系統を同時に処理することが可能です。メモリはXDRメモリ 128MB x 4、接続はPCIe x4。リードテックの表現では「世界初のハイパフォーマンス・コンピューティングカード」。ソフトウェアはPegasysのTMPGEnc 4.0 XPress および Movie Plug-in SpursEngineが付属するほか、Windows / Linux 向けのSDKも無償公開されています。発売は9月中旬、価格はオープン・店頭予想 9万9000円くらい。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents