NTTドコモが冬・春モデルのひとつとして、らしからぬコンセプトモデル Touch Wood を発表しました。PROでもSTYLEでもPRIMEでもSMARTでもなく、1万5000台限定という文字通り「コンセプトモデル」あつかいです。筐体に本物の四万十ヒノキを使用しており、一台ごとに異なる木目と色合いがウリ。ディスプレイはタッチスクリーンになっており、3.4型・854x480解像度と、意外にも高精細です。また530万画素カメラやmicroSDHCスロットを備えるほか、iモードやWORLD WING、FOMAハイスピードなどには対応しますが、GPSやおサイフ、ワンセグは備えていません。ちなみに中身はシャープ製。重さは約130g。カラーはHINOKI一色。ISHIKOROバージョンがあっても良かった気がします。発売は2011年2-3月の予定。

四万十ヒノキを利用したフルタッチ端末 Touch Wood 発表、1万5000台限定

0 コメント