Sponsored Contents

compulabの最新記事

Image credit:

NVIDIA Tegra 2 搭載の超小型デスクトップ Trim Slice

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年1月26日, 午後06:13 in Compulab
64 シェア
35
2
0
27

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


超小型デスクトップの fit-PC を販売するイスラエル CompuLabから、NVIDIA Tegra 2 ベースの超小型デスクトップコンピュータ Trim Slice が発表されました。最新のタブレットやスマートフォンで採用される Tegra 2 といえば ARM Cortex-A9 デュアルCPUコアに超低電圧 GeForce グラフィック、各種コントローラやインターフェースをまとめたSoC ですが、Trim Slice はそれを「デスクトップ」に転用した製品。ポケットサイズの小型 (130 x 95 x 15mm) とファンレスデザイン (メタルダイキャスト筐体) は当然として、筐体側面に所狭しと大量のインターフェース類を備えている点が特徴です。

基本仕様は Tegra 2プロセッサ、1GB RAM、SATA SSD ( ~ 64GB)、フルサイズとマイクロのデュアルSDHCスロットなど。ネットワークは有線が1GbE、無線が802.11n WiFi、Bluetooth。映像出力はデュアルヘッド出力が可能な HDMI 1.3 + DVI。音声はステレオ Line-In, Line-out 、光デジタル5.1ch (S/PDIF)。さらにPAL / NTSCのアナログビデオ入力までなぜか標準で搭載します。そのほかUSB 2.0 x 4、USBデバイス x1 、RS232C シリアル、さらにJTAG、 UART、SPIまで。

バッテリー駆動こそしませんが、消費電力は平均3W。用途に応じてDC 8-16Vを供給すればファンレスデスクトップとして、あるいはARM開発のプラットフォームなりさまざまな組み込みプロジェクトに使えるのが売りです。Trim Slice は4月から、「ストリーマーよりは高く、タブレットよりは安い」価格で販売予定。続きにはポート類がぎっしり並ぶ背面の画像を掲載しています。

関連キーワード: compulab, fit-pc, nvidia, tegra, tegra 2, Tegra2, trim slice, TrimSlice
64 シェア
35
2
0
27

Sponsored Contents