Sponsored Contents

armの最新記事

Image credit:

次世代PSP「NGP」はARM CPU・PowerVR GPU それぞれ4コア

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年1月27日, 午後05:01 in Arm
91 シェア
14
0
56
0
21

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View

本日発表された次世代PSP、コードネーム「NGP」(Next Generation Portable)の詳細仕様が明らかになりました。まず、ステージの発表(詳細)では「最高クラス」とだけされていたプロセッサは、CPU部分がARM Cortex-A9 ベースの4コア + グラフィック部分がPowerVR SGX543MP4+ つまりこちらもクアッドコア。SGX543MPxの採用は、2009年にImagination Technology の発表からの予測としてお伝えしたとおり。ARMベースのCPU採用も大方の予想通りですが、Cortex-A9の4コアは携帯機器でこれまで例がありません。(まもなく発売されるAndroid携帯の最高スペックがTegra 2 採用のAtrix やOptimus 2。Tegra 2はCortex-A9ベースの2 CPUコア)。基本的には、iPhoneやAndroid端末とおなじCPUコア・グラフィックコアでコア数や性能が上がったものを載せていることになります。

搭載RAMについては公式なスペックシート上に記載なし。ストレージについても、専用のフラッシュメモリメディアでソフトを供給することは分かったものの、内蔵フラッシュメモリやほかのリムーバブルストレージに対応するのかはまだ分かりません。(たとえばMSスロットがあるのか否か)。

そのほかスペックシートで分かるのはサイズ182 x 18.6 x 83.5mm、ただし「予定」。重量やバッテリー駆動時間は記述なし。GPSおよびWi-Fi APベースの位置情報取得。WiFiは802.11b/g/n (nは1x1)。Bluetoothも標準搭載 (v2.1+EDR)。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP)。モーションセンサーは3軸ジャイロ+3軸加速度、および3軸コンパス。

(更新中)

91 シェア
14
0
56
0
21

Sponsored Contents