Sponsored Contents

donationの最新記事

Image credit:

ソフトバンク孫社長、震災復興支援に100億円+将来報酬を個人として寄付

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年4月4日, 午前05:31 in Donation
31 シェア
4
2
0
25

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


ソフトバンクグループが、東日本大震災に対する義援金・支援金の寄付について発表しました。ソフトバンクグループとしての寄付金は10億円。被災者の救済および被災地復興のため、日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じた寄付のほかNPOやボランティア団体への支援、震災遺児への中長期的な支援に役立てられる予定です。また寄付にあたっては、特に早急な支援を必要としている人々へ迅速に届けられる方法を検討中としています。

グループとしての支援策のあとに「なお」と続けられているのは、孫正義社長が個人として100億円を寄付すること。孫氏はさらに、2011年度から引退まで、ソフトバンクグループ代表としての報酬全額も寄付することを明らかにしています。孫社長が義援金・支援金の寄付について表明した Ustream 放送はこちら。参考までに、孫氏の09年度の役員報酬は1億800万円。

今回の震災への支援金として、100億円の寄付は個人はもとより企業を含めてもおそらく最高額。なおソフトバンクによると、グループとしての寄付とは別に、ヤフー株式会社がサイト上に設置した緊急災害募金には現時点で13億円が集まっているとのこと (ヤフー株式会社としても3億円を寄付)。またソフトバンクモバイルの店頭や携帯経由の寄付は31日時点で約1億円。100億円は桁違いすぎて資産家同士の「寄付の張り合い」心理を誘発しづらいのではないかと余計な心配をしましたが、人海戦術なら日本一裕福な男 (世界113位。Forbes調べ) も打倒できます。

(今回の震災による携帯電話ネットワークのサービス中断・復旧について。ソフトバンクモバイルの数字はこちら。基地局はどこでどの程度止まったのか、どんなペースで復旧した・しつつあるのかが実際の数字で分かります。)
31 シェア
4
2
0
25

Sponsored Contents